ようこそ軽井沢へ!

2005年秋に軽井沢で始めたブログです

軽井沢周辺の話題

軽井沢で偶然・・・



軽井沢駅前から旧軽井沢方面へ車を走らせていた時

軽井沢ニューアートミュージアム付近で

横浜在住の友人夫妻を発見!

路肩に車を停めて声をかけると間違いなく本人だった

少し立ち話をして別れたが、以前から彼が行ってみたいという場所があった

お互いに用事を済ませ「千ヶ滝湯川用水温水路」へ向かった

s-BM7A2036


水路沿いを散歩しながら昔話に花が咲いた

s-BM7A2038


その日のうちに横浜まで帰るとのこと・・・

時間に余裕をもって別れた

s-BM7A2041

コロナが終息したらゆっくり吞みたいものだ・・・
お互いに考えてる事は同じだった。

中秋の名月



昨夜は中秋の名月
中秋の名月が満月と重なるのは8年ぶりだそうです。

s-名月 (3)


8年前は☟こんな感じでした☟




今年の中秋の名月は残念ながら雲が厚くて見えませんでした。

写真は前日の月と昼間撮影したススキを合成した画像です。




オシドリの雛を探して・・・



生まれて間もなく離れ離れになったオシドリの雛

町内のブロガーさんから近況を教えていただいたので会いに行った
別荘地内なので周りに気を使いながら川の淵を歩いた・・・

残念ながら雛たちはまた別の場所に移動したようで再会できなかった
数日前までいた場所の数キロ下流は温水路です。
先回りして水路沿いを歩いてみた
s-BM7A1572
橋の手前に水鳥が数羽見えた

近付いてみると
s-BM7A1537
カルガモだった

温水路の流入口まで行ってみた
s-BM7A1551
オシドリはまだここまで辿り着いていなかった・・・

水路は別荘地内や民家の庭先を流れているため、
望遠レンズ付きのカメラを持ってウロウロできない

気長に待つしか無いかな?・・・



軽井沢・雲場池について考える(画像追加しました)



軽井沢町の観光名所の一つ雲場池

今日は雲場池を訪れるタイミングを考えます。
雲場池の駐輪場から池に近付くと真北を向いています。

午後4時に撮影した画像です
s-BM7A9348-1
水面に藻が沢山浮いてます
右側(東側)は西日が当たって明るいですが、左側(西側)は影になります
雲場池全体に日が当たって明るいのはお昼前後です。

軽井沢を源流とする地下水は火山性地質から湧出する浅間山の伏流水です。
火山性の地質を通過した地下水は二酸化炭素を多く含んでいます。
二酸化炭素を含んだ水は藻が発生しやすい。
(水中植物を育てる時二酸化炭素ガスを水中に注入するのと同じ原理です)
雲場池の池底には藻が大量に沈んでいます。
日光が当たり水温が上がると藻が光合成を始め、酸素が発生します。
晴れた日には光合成が活発になり、酸素を抱いた藻が池底から水面に浮かび上がってきます
写真で確認できるようにこれからの季節は水面に藻が浮いている場合が多くなります。

以上の理由から雲場池を訪れる時間帯は水面に藻が少なく全体が明るい
午前9時からお昼ごろまでがお勧めです。

追加画像1 午前9時撮影
s-BM7A9496
右側が少し影になりますが藻が少なくてきれいです。

追加画像2 12時撮影
s-BM7A9515
全体に日が当たってますが藻が増えてきました。

最近はコロナ騒動で観光客は極端に少なく静かな雲場池です。
新型コロナウィルス対策をしっかりしてお出かけください。

水辺の散歩道




昨日は蒸し暑い一日でした


夕方になって少し涼しくなったので水路沿いの散歩道を歩いてきました

s-BM7A9280


散歩する人も少なく・・・
s-BM7A9304-1



水面を渡る風は爽やかです・・・
s-BM7A9322
今日も暑くなりそうです・・・
水分補給して頑張りましょう!!


ギャラリー
  • 秋本番
  • 秋本番
  • 秋本番
  • 感動した花たち
  • 感動した花たち
  • 感動した花たち
  • 感動した花たち
  • ジニアから吸蜜するホウジャク
  • ジニアから吸蜜するホウジャク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
アーカイブ