ようこそ軽井沢へ!

2005年秋に軽井沢で始めたブログです

軽井沢周辺の昆虫図鑑

道路の真ん中で仁王立ち



今日は早朝から雨が降り続き、道路の雨水が用水路に流入するので
当改良区では担当理事がモニターで水量を確認しながら水門を開閉するなど
増水による災害を未然に防止する措置が取られた


田舎道を車で走っていたら
道路の真ん中で両手を上げて車を威嚇しているザリガニがいた。
そのままにしておくと車に轢かれそうだったので、
車を停めて道路脇のため池に逃がしてやった
s-BM7A2548


私が育った地域にはアメリカザリガニは殆どいなかったので珍しかった
s-BM7A2553

アメリカザリガニを調べてみたら2023年6月1日に「条件付特定外来生物」に指定され
捕まえたら飼育してもいいが、逃がしてはいけないと決められている。
知らなかっとはいえ、ため池に返してあげた行為は法律違反だった。



スズメバチの巣を解体してみた




ドウダンツツジの生垣の中に大きな巣を作った「キイロスズメバチ」
11月下旬まで数匹が巣穴から出入りしていました。

最近の寒さで、まったく活動しなくなったので撤去しました。
s-BM7A5370
高さ45㎝、幅40㎝   正面の穴が出入り口です

撤去せずに放任でも良かったのですが。
野生動物の標的になっても嫌なのであえて私が解体しました。
下の方から少しづつ周りの壁を壊していくと
s-IMG_1195
見事な育児室が見えて来た。

外壁をほぼ取り除くと7段が整然と並んでいました。
s-IMG_1198

一番下の段は空でした(未使用?)
s-IMG_1205


下から2番目の巣には成虫に成りきれなかった幼虫の死骸が沢山ありました
s-IMG_1206
頭を出してあと一歩で出られた幼虫の死骸・・・

3段目以降はほぼきれいに抜けていました
s-IMG_1207


最上段はちょっと違っています
s-IMG_1218
食料保存庫?かも知れません・・・(正確な事は分かりません)

段の隙間に生きているけど寒さで動けなくなった成虫が3匹いました。
s-IMG_1196
素手で触っても刺す元気もありません。
まだ生きているので落ち葉の下に移動して巣を3枚掛けてあげました。
ネットで調べたら女王蜂は枯葉の下で成虫越冬するらしい・・・
来春までがんばれ!!

庭のツツジとスズメバチ




一年に二度咲くツツジはまだ満開です。
来春咲く花芽が無くなるほど咲いています。
s-IMG_0622


そのツツジの木の横に干し柿を吊るしてあります。
s-IMG_0624
今年は60個作りました。
残りは生食用に残してあります。

吊るした柿にスズメバチが飛んできて食べていました。
BM7A3974


夢中で食べてます
BM7A3980
少し穴を掘られましたが1匹だけなので放任しています。

甘柿は美味しいのかな?



危うく刺されるところだった




某別荘のオーナーさんからドウダンツツジの植え込みが
道路にはみ出してきたので刈り込んで欲しいと依頼を受けた。

ドウダンツツジは少し紅葉が始まっていた。

道路に大分出ているので初めからバリカンでは刈れません。
枝切りの検討を進めていると、植え込みの中からスズメバチが頻繁に出入りしています。

注意深く探してみると・・・・
s-BM7A2173
巨大なスズメバチの巣がありました。

巣の出入り口には帰ってきた蜂や巣から出てきた蜂が複数いました
s-BM7A2181


まだまだ活発に活動しているようです。
s-BM7A2185
知らずに枝を切ったら間違いなく襲われていただろう。

くわばら、くわばら・・・

キンケハラナガツチバチ



毎年、夏になると庭に大量発生する「キンケハラナガツチバチ」

地面すれすれの高さで縦横無尽に飛び回る

毎年発生しているが未だに巣を見つけることは出来ていない。

いつもハイスピードで飛んでいるので撮影が出来ない

稀に翅を休める
s-BM7A9560
2匹ともオス

メスは一回り大きいが今回は撮影できていない

名前の通り「金毛腹長土蜂」
s-BM7A9568



今まで刺されたことは無い
s-BM7A9577

我が家の夏の風物詩になりつつある。



ギャラリー
  • 今日の浅間山
  • 今日の浅間山
  • キセキレイから伝言・・・
  • キセキレイから伝言・・・
  • キセキレイから伝言・・・
  • 庭のぶどう園
  • 庭のぶどう園
  • 庭のぶどう園
  • 一夜明けて
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
アーカイブ