昨日の記事で、巣穴に出入りする親鳥を確認できなかったので、
翌日再び様子を見に行きました。

1時間待っても親鳥は姿を見せません。
もしかすると、天敵が雛を連れ去ったのかも・・・?

仕方ないので、近くで営巣している別の巣穴の様子を見に行きました。


こちらの巣では、カメラをセットしている間に親鳥が飛来しました。
イメージ 1
巣穴の近くの枝に止まって様子をうかがっていました。



しばらくすると巣穴に向かって飛びました
イメージ 2



連写で動きを追ってみました。
イメージ 3



狭い巣穴に翼を畳んで入っていきました。
イメージ 4



巣穴の中では卵か雛の面倒をみているようでした。
イメージ 5
撮影中は気付かなかったのですが・・・


自宅に戻ってPCで拡大してみると・・・

心配事がひとつ見つかりました。
イメージ 6
小さいので明確には分かりませんが・・・

巣穴の入り口にミイラ化した雛の頭?のような物が写っていました・・・
(最後の写真を拡大してご覧下さい)

見間違いなら良いのですが・・・ちょっと心配です。


こちらのチョウゲンボウはカップルで子育てを継続しているようです。

しばらく観察を続けます。