7月27日 追分地区で「しなの追分馬子唄道中」が開催されました。
 
信濃追分宿は中山道と北国街道の分岐点の宿場町として栄え、
旅人の心を癒した「追分馬子唄」発祥の地でもあります
江戸時代の家並みがあちこちに現存します 
 
午前9時 イベントのオープニングは
地元、西部小学校の吹奏楽部の演奏から
イメージ 1
 
 
 
続いて軽井沢中学校吹奏楽部のパレード
イメージ 2
 
 
 
浅間神社の境内では大浅間火炎太鼓のみなさん
出陣太鼓
イメージ 3
 
 
 
「馬子唄道中」御一行の出発です・・(*^^)v
 
江戸時代に旅人が往来した中山道を再現します イメージ 4
今年の殿様は副町長
 
 
助さん格さんを従えた水戸黄門は西部小学校の校長先生
イメージ 5
 
 
 
町娘も宿場の賑わいに華を添えます(*^_^*)
イメージ 6
 
まだまだ行列は続きますが
つづきは明日の記事で・・・