佐久市前山にある古刹「貞祥寺」

大永元年(1521年)、この地を治めた前山城主の伴野貞祥公が、
祖父と父の追善のために開山した曹洞宗の寺。

七堂伽藍しちどうがらんを整え、信濃毎日新聞社刊「信州百寺」に選ばれた佐久を代表する古刹である。
七堂伽藍:金堂・塔・講堂・食堂・鐘楼・経蔵・僧坊・回廊・門など、必要な建物を備え、
侶が集まり修行する清浄な場所を指し、大本山クラスの寺院の代名詞として使われる。

島崎藤村の旧宅
s-BM7A2982

通用門の奥は鐘楼
s-BM7A2994

山門の奥は総門
s-BM7A3004

鐘楼
s-BM7A3010

総門 : 承応2年(1653年)建立
s-BM7A3013

小海町松原湖畔の神光寺から移転した三重塔は長野県宝
s-BM7A3060

古池と、僧堂
s-BM7A3064

杉林の中に紅葉したモミジが点在する
s-BM7A3100-

貞祥寺はヨーロッパにおける禅普及において中心的な役割を担った寺のひとつであり、
現在でも著名な禅道場として海外に知られる寺院である。